住宅ローンから始まる不動産投資

住宅ローンには変動金利型、固定金利型。変動金利の方が社会と市場の状況に合わせ、利率は最も低く設定されます。支払いの途中で住宅ローンの利率が変動します。年に2回、6ヶ月ごとに金利が見直され、利率が上がると利子も増えるため返済額が増加します。銀行等も金融機関にとってリスクが少ない変動型ですが、金利など経済動向に左右されるので、経済動向の見極めを判断出来る場合には有利だといわれています。ローン返済期間中の金利がずっと固定されるのが「全期間固定金利型」です。金利が固定されているので、返済額も変わりません。金利はマーケットの長期金利などを基準に決められます。金利は高く設定されますが、経済状況や社会情勢に左右されないので、返済計画が立てやすいというメリットがあります。はじめに借りるとき金利が適用されるので、タイミンクをみきわめることが重要にです。さらに一定期間固定金利性にした後に変動かさらに固定化を選択するタイプもあります。現在約半数が変動金利型ローンを選択しているいいます。現在は金利自体がひじょうにに低い状況が続いています。し金利は1パーセント変化するだけで、総返済額が数百万円も違ってしまうものです。しかし経済動向にともなう金利の相場を予測を的中することは、専門家でも困難なことです。超低金利であった10年前、やがて上昇するだろうといわれた金利は、反対にさらに下降してゆきました。返済年数も、一般的に35年が目安とされていますが、もちろん返済期間が長くなればなるほど総返済額は増加します。借入金1000万円の場合、金利 2パーセント以上なら10年で100万円以上も返済総額に差が出てしまうことになります。返済期間を無理に短くすればそれだけリスクも高まります。無理のない程度に短縮する試算を検討することが大切です。

●PICK UP:不動産投資ユニバーシティ<アパート経営・マンション経営>