プロの専門投資家

ここでは、チームを組み、会社組織で行っているようなプロの専門投資家が、どんなことを心がけ、実行し、予測しながら投資の成功を収めているかのいくつかの事例紹介します。それは一般投資家が心がけ、おさえておきたいポイントと大きなちがいがあるわけではありません。それは基本となる精神を、実際に手間ひまをかけて、時間と足を使い丁寧に行ってきたことです。それらは、ほかに仕事をもつ一般投資家がかんたんにできることとはいえません。丁寧で手間ひまのかかる点についてを、不動産業者に依頼したりして、購入、契約、管理、売却などをおこなってゆくことが多いのです。そのような観点でプロ投資家の実際を参考にして、実際に仲介料などのお金をかけてあなたが依頼した不動産業者がそこまでのケアをし情報を収集し、的確な予算や価格を提示しているのか、考えてみることもことも大事です。また現在はIT化により一般投資家も多角的な観点から知識を得ることが出来るようになりました。ある意味で医者の知識と患者の知識までとはいわないまでも、情報格差が生じていた不動産の世界も変化を迫られています。IT社会一般にいえる情報に対するリテラシーを洗錬させ、情報の海にのみこまれぬように効果的に利用することで、かなりの手間ひまを省くことも可能なのです。不動産は投資であろうとも、マイホームの購入であろうと、物件を選ぶ目と、購入後の管理をいかにするかが最重要です。 不動産会社は、たしかに一般の投資家の知りえぬ内部情報の量をもっています。それを前提にしつつ、不動産業者とわたりあいながら、対等なビジネスパートナーとして良好な関係を築いていかなくてはならないでしょう。