レインズとは

「レインズ」とは国土交通大臣から指定を受けた「Real Estate Information Network System(不動産流通標準情報システム)」です。

媒介契約を締結すると不動産会社がこのサイトにに物件情報を登録します。物件情報の流通を、不動産会社聞でリアルタイムに共有・交換することができるサービスです。ほぼすべての不動産業者がこれを用いています。全国の不動産会社は、このレインズに掲載されている物件情報を閲覧し、物件を探しているのです。物件情報がレインズに登録されることによって、より多くの不動産会社の目に止まり、買主や売り主が見つかりやすくなります。本来、不動産業者に依頼している顧客の要望に、不動産業者が早く応えることができるようにできたものです。しかし不動産業者以外からのアクセスは不可能なために、不動産業者と顧客と顧客の間に大きな情報量の差をつくる原因となってしまっている場合が多いのです。レインズに一度載せた情報も、すぐに消したり、他の不動産屋が問い合わせてもすでに商談中であることを理由に、自社に取って有利となる情報を独占してしまうこともあるようです。このような現象が起きてしまうのは、国自体が、不動産業界にまつわるさまざまな業種の利益を保護し、経済好況へと誘導しようとしていることと、苛烈な競争のなかで生き残ってゆかなければならない不動産業界内の事情によるものと考えられ、本来目指されるべき土地取引の健全さを損なう事態をつくる原因となる場合もあります。