不動産屋に依頼

不動産の売却を不動産会社に依頼してするときに、不動産会社の間で契約するのが「媒介契約」です。どのような条件で売却し、成立した時の手数料、契約の有効期間、業務内容を宅建業法によって3種の契約タイプから選択することになります。①「専属専任媒介」②「専任媒介」③「一般媒介」になります。①②の「専属」を選んだ場合には、他者と、つまり二社以上に仲介を依頼することが出来なくなりますl。最終的に支払う仲介手数料は、いずれのタイプを選択しても同じになり、売却成立時に支払うことになります。またいずれの媒介契約を用いても、契約終了後の2年間は、契約期間中に紹介された買主とのあいだで直接取引が禁じられています。

①専属専任媒介契約は、依頼主は自ら買い手を探すことができません。その代わり、不動産屋は物件情報をレインズへ5日以内に載せなくてはなりません。②専任媒介契約は、お客さんもねつに自分で買い手を探すことができる。この場合、窓口となる不動産屋は、物件情報をレインズへ7日以内に載せなくてはなりません。③一般媒介契約は、売却の依頼を複数社にお願いでき、お客さんも自ら買い手を探すことができます。不動産屋が物件情報をレインズに載せるかどうかは任意になります。通常のビジネスでは競争原理から③の「一般媒介契約」が効率的かつ効果的だと考えられます。しかし不動産業界においては、①が最も好まれるのです。もっとも信頼関係を築いた上での業務を意味するからだけではなく、この契約により売り手と買い手の情報を他者や、この場合売り手にもれることなく独占出来るからともいえます。これが、双方代理や囲い込みを産み出す原因ともなります。