借りる人が有利

今後人口が減少しつづけていく以上は、売る人より買う人、貸す人より借りる人が有利であるといえます。長いマンションでも戸建、つまり一軒家も賃貸物件として、定期借家契約を結び、期間を決めて貸すことができます。自らの住居用の住宅として購入した物件を売却する場合、物件として、土地の価値としていかに資産価値を維持できるかということが重要になります。そのために、入居者情報、周辺環境に気を配り、修繕や補修など物件を管理する必要があります。自分がその物件から遠くに住居をもっていたり、仕事で忙しいなどの場合は、管理業者に委託することになります。賃料の数パーセントを管理報酬として得、不動産オーナーの代わりに家賃回収や物件の見回りをするのだ。 賃料の数パーセントでも管理戸数が増えれば不動産屋にとっては安定収入になります。しかし管理してくれる業者や不動産屋を選ぶことは簡単ではありません。

人々にとって。交渉の場で「売る」という立場になる機会というものはそうあるわけではありません。会社の営業では、自社製品や商品はをセールスするという機会はありえますが、会社のではなく自分の所有物や作品を自分自身で売るという行為は経験した人でないとなかなかつかみにくい感覚なのかもしれません。売れないときにどう対処するかが重要になります。住居を売り出して、希望の金額でなかなか買い手があらわれずに、内覧の数も少なく、不安が生じてきます。不動産屋は値段を下げることを提案するかもしれません。双方代理により、不動産屋は売り手であるあなたと、双方代理を行い買い手両方のメリットを伝えながら売買契約を成立させ、両側から手数料を得ます。あなたに有利な提案ばかりするということはないということを念頭に入れなければなりません。