3つの投資物件

投資のための物件は一般的には、次の3つに絞られます。①アパート(一棟)②マンション(一戸)③一戸建て投資 さらにそれが新築なのか中古なのということになっています。アパートは一棟買いになりますのでだいたい5000万円からの費用が必要になります。複数の住居を持ちますので、空き室リスクは少ないといえます。たいていは管理会社に管理を任せることになりますのでその費用が必要となり、木造であることが多く、築年数によって老朽化している場合もあり、そうなると維持費はかなりかかってくることになります。減価償却期間は22年と短いので、長期的な節税対策とはいえません。。マンションは一戸からの購入になりますので、空室によるデメリットは大きくなります。空室を作れば収入はありません。購入ローンの返済と合わせると利回りは5パーセント程度と低くなりますが、一戸の所有の場合は、安定した副収入や老後等の家族で用いる財産として重宝されます。鉄筋建築ですし、現在の建築なら100年くらいは維持できるであろうといわれています。そのため安心度が高く銀行からの融資は受け安くなります。減価償却期間が47年あるため、長期的な節税が見込めます。戸建ては主に中古物件になります。アパート、マンションのデメリットを併せ持つために、リスクの高い投資といえます。アパートのように木造であることが多く、物件の寿命がは短く、マンションのように空室リスクがあるためです。しかし借り主が家族であることが多く、長期化し出せるメリット、購入金額が安く、その後、制限のないリフォームを行えるため高賃料を得て、高い利回りを得ることも可能です。最近では民泊施設、シェアハウスとして運営してくことも増え。新たな可能性をもっているともいえます。