不動産テック

不動産テック(Real Estate Tech)とは不動産取引をインターネットなどのテクノロジーを用いて、これまでよりスピーディーに行うことで、さまざまななサービスが続々と誕生しています。もともとフィンテックといい、金融業のIT化が行われていたのですが、同様に金銭を扱う不動産業にももちいられるようになり、これにより他業種、海外からの参入も相次ぎ、不動産業は新しい次元へと移行しています。不動産の売買、賃貸についての取引に、テクノロジーが導入されることで作業の効率が良くなります。革新的な技術やシステムというよりはかんたんに、より不動産取引を身近に感じられるように、スマートフォンの利用で、メールやメッセージアプリなどを用いて消費者の直接訪問の機会を減らすことやコミュニケーションの効率化につなぎます。すでに、顧客とのやりとりをSNSのアプリケーションを用いて行うことも増えています。欧米諸国とは異なり日本は新築住宅の需要が高く、中古住宅の流通シェアが小さいという事情がありました。政府は、中古住宅市場の拡大させる目標を立てているので、中古住宅の流通が増えて行くことを想定し、AIなどを利用したマッチングサービス、市場価格の査定サービスなど、これまで不動産屋との間でわかりにくく煩雑だったやり取りや情報の透明化が期待されます。物件のマッチングがヅピードアップすれば、不動産大家も空室率を防ぐ工夫をすることができます。これまで不動産業界は、テクノロジーに保守的な業界だったといえます。消費者にとっても、現在すでに当たり前のように使っている不動産の物件情報を検索できるサイト、見積サイトなど、物件のマッチングサービスを利用することで、よりニーズに合った住宅を探しやすくなるでしょう。こうしたサービスはテクノロジーにより不動産情報を手軽に入手できるようになり、情報がゆきわたりやすくなるだけでなく、不動産屋に行く時間や交通費などの費用、手間ひまを省け、オンラインでやりとりも可能なので、革新的に便利になったといえるのではないでしょうか。

 

1件のコメント

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です