不動産テックの事例

現在不動産テックは、すでに多くの企業の参入によりこのような実例化がなされています。不動産の検索、仲介、マッチング、賃貸管理、査定、VR内覧、マーケティング、投資、シェアリング、などがすでにさまざまに活用されています。

(実例)

・売り主が物件情報と売却価格を入力します。その際、AIが取引実績データを分析し、ある程度の高確率で成約する金額を出すので、入力の際に参考に出来ます。

・物件検索から相場情報、チャットでの問い合わせ、内見の予約などが完結する中古マンション売買に特化したスマートフォンのアプリケーション。

・クラウドファンディングで不動産に投資を行うサービスによりインターネット経由で資金を調達。

・住所やマンション名などを入力すると、地図からマンション物件の価格相場が一覧出来ます。

・物件をヴァーチャルリアリティ(VR)を利用して疑似体験出来ます。

・スマートフォンで操作できる鍵。

・もろもろの効率化による手数料の無料化。

このような不動産テックサービスが登場する前と比較して、一般の人が入手できる不動産情報が質・量ともに飛躍的に改善されています。不動産業者から情報が更新されるとすぐにそれらが反映され、最新の情報を広い視野から調べることができるようになりました。このために不動産屋が内部情報として握っていた情報も少しずつ明るみになり、消費者にとって好条件になりうる情報を要求することもできます。不動産業者間でも自社利益のために独自に囲い込んでいた情報がある程度共有化されるため、競争や新しい波への対応が要求されるようになりました。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です