不動産投資のシビアな側面(賃料収入とローン返済時の金利の利回り)

ここでは、少し不動産投資のシビアな側面について紹介していきます。
不動産投資の対象として物件を銀行のローンで購入後、賃貸物件として
貸したとします。

ここで銀行から借りたローンの金利よりも賃料の収入が上回っていなければ
投資としては赤字のままです。
このケースですと将来的な、物件の値上がりなしには利益の生まれない投資プロジェクトと
なってしまい、そもそも購入する理由がなくなってしまいます。

実際の不動産投資家たちも、購入した物件が賃貸に出すことによってすぐに利益を生むほど
楽観視はしていないでしょう。

やはり買主の希望を満たす物件が少ない側面があるため売買仲介はそれほど頻繁に成約
していない現状もあります。

じつはすでに現在の段階でも、不動産を買いたい人はたくさんいますが、購入した物件自体に
資産価値が無いと、賃貸に出すにしても、将来的な物件の売却まで考慮した場合に収益を
生み出す根拠が無いと、やはりやみくもに不動産を買うべきではないと言えます。

立地条件、物件の資産価値、街並みや住環境、周囲の整備(道路、鉄道など)状況まで
総合的に検討した上での不動産投資が望ましいです。

その背景には、多くの人が、値上がり期待に賭けて不動産を買うのはリスクがあることを、
バブル崩壊で感覚的に学んでいるところがあるからです。

そのため、買主や金融機関の目線は実に冷静です。賃料収入だけで十分な投資収益の上がる
物件価格でなければ取引は成立していないのです。

このことは不動産投資の視点から見れば実に自然な視点であり、投資し買った物件が
収益を生み出さないのであれば投資する価値がありません。

言い方を変えれば、投資して賃料で収益化が図れる、実際の計算上で収益が見込めるので
あれば不動産投資の対象となるということです。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です