どんな物件に不動産投資を行うか(各エリアから見た不動産投資)

東京オリンピックの開催が決定したことにより世界的にイメージの悪い日本経済が今後上昇するのでは
ないかといった日本に対しての期待感は近年高まってきていると言えるのではないでしょうか?

この国の国策として行われている金融政策と合わせて考えた場合でも、好機と見て良いと思います。

前述でも述べましたが不動産投資を行う際には、日本人として日本の国内に視点を持つのではなく
アジア圏や諸外国からの視点で日本を見たらこの国はどう見えているのか?ということです。

不動産投資の視点については日本人向けの投資だけではなくアジア圏等に住んでいる人達が果たして
どのような物件を探していて、どのような住環境に住みたいのか?さらにいくらまでの物件なら
購入可能なのか?といったことを詳細にリサーチする必要があります。

もちろん不動産投資を始めるにあたって、最も悩ましいのが物件の選び方ですので、はじめは
具体的なイメージや考え方がなかなか浮かばないかもしれません。

投資戦略を持つにしてもまず立地は値上がり期待のもてる東京が良いのか?利回りも高く
フルローンも狙える地方なのか?区分なのか一棟なのか?木造なのか鉄筋コンクリートなのか?
マンションなのかオフィスピルなのか?

投資用に不動産を買うといっても、物件の携帯がさまざまな形態に分かれますので、まず不動産投資の
基本セオリーとして、なぜその物件に投資するのか?といったロジックを組み立てる必要があります。

また、物件は「いつ買うか」、「いつ売るか」というタイミングも重要な要素となります。
不動産投資を行うわけですから、買い時、物件の内容、売り時に対して相場感を持ちながら不動産
投資を進めていく必要があります。

返信を残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です